補助金活用支援の解説

現在、新規事業の立ち上げに関連するものから新商品・新技術等の開発や海外販路の開拓に関連するものまで様々な補助金制度が存在します。補助金とは、国の政策目標を達成するために官公庁、地方自治体等から事業者等に無償で交付されるお金のことです。補助金を受けることで、事業者の取り組みがひろがり、国の政策目標が達成されることになります。
IP青雲では、技術の理解が必要となる補助金申請を主に扱っています。技術の十分な理解により御社の事業展開・拡大を支援してまいります。

補助金申請の流れ

  • 申請したい補助金の選定(お客様)
  • 簡単な打合わせ(お客様/当所)
  • 補助金交付の可否判断(当所)
  • 補助金申請の代行について正式なご依頼(お客様)
  • 手付金お支払い(申請した交付額の10%の半分)(お客様)
  • 応募申請書の作成(当所)
  • 応募申請書の提出(お客様)
  • 交付の採択(官庁事務局)
  • ※以下は交付採択の場合
  • 補助金交付申請書の作成(当所)
  • 補助金交付申請書のご確認(お客様)
  • 補助金交付申請書のご提出(お客様)
  • 書類の検査(官庁事務局)
  • 交付決定通知(官庁事務局)
  • 補助金申請の対象となる事業の実施(お客様)
  • 実績報告書の作成(当所)
  • 経費エビデンスの整理(お客様)
  • 実験報告書及び経費エビデンスのご提出(お客様)
  • 補助金額決定(官庁事務局)
  • 補助金請求書のご提出(お客様)
  • 補助金の交付(官庁事務局)
  • 成功報酬お支払い(確定した交付額の10%%から手付金を差し引いた額)(お客様)

補助金申請の注意点

・補助金の交付は事業を実施した後になります。そのため、対象となる事業を始める際には自己資金が必要となります。補助金を受け取ってからその事業を始めるということはできません。
・通常、補助金の対象となる経費、補助の割合、上限額などが決められているため、事前に募集要項をご確認ください。

IP青雲ご相談窓口
補助金活用支援
IP青雲BLOG
メルマガ登録